• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

kai

Author:kai
こんにちは、kaiと申します。性別は男性。年齢は40代。職業は会社員です。趣味は、軍用機や艦艇や軍用車両等々の軍用と言われるモノに興味があります。写真撮影は、その記録をとる為の道具の一つでしかないと言う考えが災いしてか、銀塩時代から撮っているにも係らずちっとも進歩していません!

プロフの画像は、昨年の大晦日に舞鶴に行った時に一緒に行った友人が、自分の知らない間に撮っていてくれました。(笑)

本ブログの文章及び添付した写真等はJ-ForceClubの著作物であり、他のサイト・掲示板及びブログ等への無断転載を禁じます。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご意見・ご感想は此方から

名前:
メール:
件名:
本文:

オンラインカウンター
リンク
当ブログの管理者kaiが、日頃からお世話になっている方々のhpやブログです。興味のある方は是非どうぞ!
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東日本大震災から四十九日


上の画像は27日三菱重工が発表した<被ばく防ぐフォークリフト>の画像です。

4月28日で、日本とりわけ東北地方に未曾有の被害をもたらした、東日本大震災から49日がたった。未だに、被災者の多くは仮設住宅にも入れず福島第一原発の放射能漏れの恐怖に怯える暮らしを余儀なくされている。

以下は、4月27日のニュースから抜粋しました。

more»

東日本大震災から1ヶ月

災害派遣活動-11
上の画像は、海自の輸送艦おおすみ型と同様に今回の震災で大活躍している空自の輸送機C-130Hです。初飛行は1954年と既に半世紀を経過しているのですが、設計段階からその汎用性と頑丈な機体などから未だに第一線級の輸送機として開発国の米軍や日本を始めとする世界各国で活躍している。写真は、081004の小牧基地航空祭にて撮影したものです。先頭の機体は通常の迷彩ですが、後方に見える水色の機体は04~08年まで行なわれたイラク派遣の時の制空迷彩を施してある機体です。この色は、日本の空ではかえって目立つのですがイラクの空には溶け込むという話を小牧基地に方から聞いています。予断ですが最近の小牧基地においては、この色のC-130Hは増えたような気がします・・・!?

ウィキに詳しいので参考までに下記にURLを貼っておきます。興味のある方は見てみて下さいね!

http://ja.wikipedia.org/wiki/C-130_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)

早いもので、4月11日で東日本大震災発生から1ヶ月になります。

more»

東日本大震災から15日

災害派遣支援活動-11
上の画像は、090911に福井県敦賀港で行われたLST-4001『おおすみ』の一般公開の時のものです!今回の震災でも、おおすみ型の三隻の内『おおすみ』『くにさき』とLCACが救援・支援物資の海上輸送に大活躍しました。
また、おおすみ型輸送艦はひゅが型護衛艦・ましゅう型補給艦に続く海自では三番目に大きな艦種です。

3月11日の東日本大震災の発生から2週間が経ち、東北地方では相変わらず震度4~6の余震は続いているものの、福島第一原発は自衛隊や消防や東電の決死の働きで沈静化を見せたかに思えた、ここ数日でしたが・・・!?

震災直後は何処の放送局も、TVを始めとしたマスメディアが一日中震災関係の報道を垂れ流し状態であったのが、すっかりなりを潜めて、最近では以前の日常に近い形で報道が行われていました。

more»

東日本大震災から10日

災害派遣支援活動-10
上の画像は、100828にる陸上自衛隊の東富士演習場で行われた総火演の時に撮影した74式戦車ですが、ドーザーブレードの付いている画像がなかったので・・・。

ニュースなどでは、「戦車は、陸自の通常の施設科部隊(工兵部隊)が用いるブルドーザーとは異なり、装甲で覆われているため放射線に対する防護能力が高いと判断した・・・」とあるが、此れは間違いで74式の車体は「水密構造であるため、潜水キットを取り付ける事で2m強の潜水渡河が可能となっている。この密閉効果を利用することで、NBC汚染地域では車内を与圧し、乗員を汚染物質から防護することができる。潜水渡河の際、操縦手は雨衣を着用する。」と考える方が妥当ではないかと・・・!?

more»

東日本大震災から9日

090411 DDH-181 ひゅうが 初公開
上の画像は、080411に横須賀の海上自衛隊吉倉桟橋で行われたDDH-181『ひゅうが』の初公開の時の写真です。今回の震災においても津波で洋上に漂流した被災者を海自の哨戒ヘリSH-60J及びKの洋上のプラットホームや救援物資の海上輸送にも大いに活躍しています。

本日の朝刊の一面の見出しから見てゆきましょう。まず「1,2号機電線施設」「3号機への放水続く」その下に小さく「被ばく線量最大27ミリシーベルト」「福島・原乳、茨城・ホウレンソウ『基準越す放射性物質』出荷されず」「がれき撤去 市町村判断 物資運搬ルート確保へ」「原発の街 後に『双葉町1500人さいたまへ』」「セ開幕 29日に延期」と伝えています。見出しだけを読むと少しずつではありますが最悪の事態は避けられたのかなと言う気はしますが・・・!?

more»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。