• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

kai

Author:kai
こんにちは、kaiと申します。性別は男性。年齢は40代。職業は会社員です。趣味は、軍用機や艦艇や軍用車両等々の軍用と言われるモノに興味があります。写真撮影は、その記録をとる為の道具の一つでしかないと言う考えが災いしてか、銀塩時代から撮っているにも係らずちっとも進歩していません!

プロフの画像は、昨年の大晦日に舞鶴に行った時に一緒に行った友人が、自分の知らない間に撮っていてくれました。(笑)

本ブログの文章及び添付した写真等はJ-ForceClubの著作物であり、他のサイト・掲示板及びブログ等への無断転載を禁じます。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご意見・ご感想は此方から

名前:
メール:
件名:
本文:

オンラインカウンター
リンク
当ブログの管理者kaiが、日頃からお世話になっている方々のhpやブログです。興味のある方は是非どうぞ!
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その名は「トモダチ作戦」<その2>

トモダチ作戦-01

救助に向かう米兵に向かって語りかけるオバマ大統領の演説

おはよう、諸君。
後一時間足らずで、諸君ら140名は、極東に向かって旅立ち、史上最強の敵と交戦する。
時を同じくして、世界各地の米兵たちも、他の35隻の原子力空母で、同様の救助に向かう行う手はずだ。

諸君がまもなく赴く戦いは、人類史上最強の救出活動となるだろう。そう、人類史上最強の・・・・
人類・・・・・この言葉は、今日、我々全員にとって、新たな意味を持つ。地球に対する今回の暴虐行為に少しでも意味があるのなら、
それは我々人類が共有するものの大きさに気づかせてくれた、という点につきるだろう。

more»

スポンサーサイト

その名は「トモダチ作戦」 

CVN-73 GW 100612
上の画像は、100612に横須賀で行われた横須賀YYのりものフェスタの後に、「軍港めぐり」の船上で撮影したCVN-73である。この時は、北による韓国の哨戒艦が魚雷攻撃にて轟沈した後の、米韓合同演習に参加する為に出港したCVN-73が急遽戻って来ていて、しかも寄港扱いと言う事で甲板には艦載機が満載の状態をカメラに収める事が出来ました。そして、空母はこの数日後に再び出港して行ったと現地の方から聞いています。

このブログを読んでいる皆さんは、「トモダチ作戦」と言うのをご存知だろうか?

more»

08年5月 岩国FSD

08 岩国FSD FVA-97WARHAWKS ヴェイパーコーン
今回の写真なんですが、此れはkaiが07年の夏に銀塩CanonnのEOS-3からデジ一の40Dに移行して、まだ一年も経っていない翌年の5月に在日米軍岩国基地で行われたFSD<フレンド・シップ・デイ>で撮影したモノです。

此の写真。お判りでしょうか?そう、F-18が音速を突破する瞬間<マッハコーン>を偶然にも写したものです!?

・・・と言うのは、真っ赤な嘘で一般的(!?)にはヴェイパーコーン等と呼ばれるヴェイパーの一種です。

ウィキによると、『ヴェイパー(Vapour)とは、航空機で起こる現象。一例としては、戦闘機が運動するときに、機体の一部(主翼の付け根、翼端等)からこぼれた空気が急減圧されることにより、空気中に含まれる水分が凝結作用により発生する。 航空ショーなどで戦闘機が高機動飛行を行う際に発生を確認しやすい。 また、湿度が高い時はより低速でも発生しやすい・・・。』とされています。

more»

08年 横須賀グランドイルミネーションⅡ 原子力空母GW 初の一般公開!

08 横須賀グランドイルミ-Ⅱ 
最初から少し古い話で恐縮ですが、08年12月6日に横須賀にある在日米軍基地に於いて日本に初めて配備された原子力空母であるCVN-73ジョージワシントンの初の一般公開が行われました。

08年9月25日に横須賀に前方配備されたCV-63キティホークに続く4隻目の航空母艦。原子力空母としては最初の航空母艦となるので、配備にあたっては様々な抗議運動があった様です。この、CVN-73 ジャージワシントンはミニッツ級航空母艦の6番艦として建造され92年7月に就役した改ミニッツ級の航空母艦です。

(ミニッツ級<満載排水量9,4000t>の4番艦以降は、改ミニッツ級のエイブラハム・リンカーン級<満載排水量101,000-102,000t>と8番艦以降のロナルド・レーガン級<101,000-104,000t>の3つのクラスに判れています。)

流石に、CV-41ミッドウェイは見ていませんがCV-62・CV-63と歴代の横須賀に配備された空母を見て来たので、代を重ねるごとに大きくなる艦容に時代とテクノロジーを感じずには入られませんでした。今回の公開はハンガーデッキ内とフライトデッキでしたが、アイランドのハルナンバーは夜間公開時にはイルミネーションが点灯して中々よい雰囲気を醸し出していましたね!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。